トップ > 社員インタビュー > INTERVEW インタビューINTERVEW インタビューINTERVEW インタビュー

interview03interview03

物流部JIT供給G
(入社10年目)

古里岡山へ帰りたい――
30歳を機に転職。はじめのうちは戸惑いも多かったが、
会社の雰囲気に助けられ、
いまではグループリーダーとして若手を引っ張る立場になった。

この会社のいいところは? question01

 部署の枠を超えて協力し合える環境でしょうか。

今までの経験で学べたことは? question02

 営業では、商品提案するなかで、物を売るだけでなくお客様と一緒に売り方を考え取り組んでいくことで関係を築いていけるのだなということを学びました。物流では、1年目で新社屋の引っ越しを経験し、在庫の持ち方・在庫量の調整、現場責任者との連携、作業の効率化、後工程の大切さを学びました。いざという時の備えや、この後に何が起こるかっていうことを考えています。
 先の西日本豪雨災害でも、災害に遭われたお客様から、トヨタの販売店への問い合わせも多く、通常動かない部品の注文が入ることもあります。このように納期までが長くかかるものに対してどうフォローしていくかが大切です。あとは先読み。予測して、どういうふうな在庫にしていくかですね。

部下をもつことについて感じることはありますか? question03

 私含めて4人のグループリーダー、GLという管理職です。少ない人数なので、より親密な関係が築きやすいのかなと。気さくに話もできるという感じですね。
 若い人とのコミュニケーションでは、できる限りわかりやすい言葉でと心がけています。自分がわかっていても相手にはわからない言葉ってあります。伝わっていないなと思ったら違う言葉で言い直しています。

若手管理者として年上の方との接し方など気をつけていることは? question04

 経験・知識が豊富な点は尊重し、その経験を若手や部署の知識向上につなげていけたらと思っています。私自身、2018年1月の異動で、現在の物流部門に初めて来ました。部品の知識がなかったので、この部品が何に使われているとか、物の売り方も全くわからなかったので、いろんな人に教えてもらいながら日々勉強しました。

中途入社だから感じる会社のいいところは? question05

 以前は軽貨物の運送業の営業でした。地元は岡山ですが、名古屋の大学に行って、そのまま名古屋で就職。長男なので、地元に帰ろうかなという時に、軽貨物の仕事先で愛知共販さんに出入りしていたので、こちら岡山でも岡山共販があるのかなと思って……。
 転職して良かったと思います。やっぱり「トヨタ」の看板が一番の決め手でしたが、それだけではなく、社内の雰囲気も明るく、途中入社でも、すぐに受け入れてくれたところが良かったと思います。

学生へメッセージ学生へメッセージ

 30歳で転職をして、今の会社に巡り会えたことは、本当に良かったと思います。社員のみなさんのサポート、温かく迎えてくれたことが励みになり、この10年頑張ってこられました。いろんなことにチャレンジして、ダメでももう一回チャレンジという社風もあります。これからも頑張っていきたいと思います。

インタビュー動画を見る

他の社員インタビューを見る